読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

期待せずiPhone 6を買ったら、やっぱりがっかりだったので悲しみのエントリー

f:id:ponkotsu:20140929231330j:plain
発売日にiPhone 6を購入、1週間ほど使った感想をしたためておく。

ハードウェア

これまでメインのスマホiPhone 4s、サブにXperiaSXとサイズの小さい端末を好んで使ってきたおれにとって、iPhone 6のサイズは異次元の感覚で未だ慣れない。慣れないくらいならいいが、やはり上部には指が届かないし、両手でしっかりホールドしてやらないと落としそうである。クラブで踊りながら使おうとしたら、踊ってるんだかスマホ掴んでいるのかよくわかなくなってきた。クラブまで行ってスマホ使ってんじゃねーよというツッコミは無用でお願いしたい。

このサイズだと液晶の上部に指が届かないので、ステータスバーをタップしてページ上部にスクロールさせる機能も使えない。UIパーツ(UIScrollView)に標準でその機能を持たせたのは、あまたあるスマホ向けOSの中でも白眉だと長らく感心していたが、その時代も終わった。ホームボタンを2度タップして画面をスライドさせろよというのは全く的外れである。とにかくステータスバーをワンタップさえすれば初めに戻れるのが尊かったのだ。

質感はApple製品らしく相変わらず高い。本体を手に持って、なだらかに湾曲した(Rがついてる)ディスプレイに指を滑らすと悪い気はしない。ところが、裏側の垢抜けないデザインは何なの。意匠上まるで意図が理解できない上下のラインが最高にダサい。格好の悪いデザインを綺麗に作ってどうするんだ。余計際立つというものだろ。醜悪な裏面はできるだけ見ずに過ごしたい。

普段、スマホをパンツの前ポケットに突っ込んで生活しているが、同じようにiPhone 6をポケットに入れて椅子に座ろうと腰をかがめると、本体が身体に当たる。そのまま座れなくはないが、iPhoneが体に触れていて落ち着かない。おれのストレスは言わずもがな、iPhoneにもストレスがかかり続けて、いつか座屈するのではないかという恐怖に苛まれている。まあ、実際のところ、折れることはないだろうが、徐々に歪むくらいはあるかもしれない。前ポケット派は予め確認することを勧める。

今回はauの回線で使っているが、キャリアアグリゲーションのおかげか通信速度は相当速い。同じLTEでドコモのSIMを入れているiPad mini Retinaよりも速い気がする。場所や状況にもよるだろうが。

OS

iOSの美点は、ある程度割り切ったシンプルさにあると信じていたのだが、バージョンアップを重ねるごとに増えていくデフォルトのアイコンにいい加減辟易してきた。ワクワクしながら電源を入れて、ホームにカラフルなアイコンがズラッと並んでいたら興ざめだよ。メーカー製のパソコンかよ。iWorkとか必要になったらダウンロードするから。いらないから。

自由にカスタマイズできるようになった通知センターも、一つの画面に様々なAppが入り混じるので、ごちゃごちゃした印象になる。便利ではあるが、良し悪しでもある。

iOS8になって、全体的にがちゃがちゃしたように思う。だんだんAndroidぽくなってきた。昔のiOSと比べ飛躍的に自由になったが、美しさは失われた。難しい。

結局

おれはスマホでゲームをしないし、電子書籍はもっと画面の大きなタブレットを使うので、巨大化の恩恵にあずかることができなかった。仕様表に書かれたスペックは向上したのだろうが、上に書いたように日常での使用感(experience)は驚くほど低下しているので、不満がくすぶるばかりである。

Appleってわりと大胆に取捨選択をする印象があったけど、スペック偏重なのか優柔不断なのかとにかく一般の企業と変わらなくなってきたね。色々と葛藤があるんだろうけどよ。