読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

満員電車で曲がったiPhone 6の修理は本体交換で税別31800円取られるからサラリーマンは注意しよう

f:id:ponkotsu:20150124212635j:plainそれは木曜日だったか、朝会社に到着するなり早速ネットでもとスマホを取り出すと、どうにもおかしい。仕事に取りかからないおれが一番おかしいが、とにかく手に持ったiPhone 6の画面上部がちょっと遠い。不審に思ってiPhoneをぐるりと回してみると、なんとびっくり、本体の上部が背面に向かって湾曲しているではないか。そこには立派に曲がったiPhoneの姿が!ががが!

購入当初からデカい、ダサいとさんざんdisってきたiPhone 6だが、そうは言っても大切な道具をないがしろにできない。自分なりに丁重に扱ってきたつもりである。ネットで曲がりやすいという話も聞いていたので、尻ポケットにも一度も入れずに使ってきたはずなのに。(そもそも尻ポケに物を入れる習慣がないのだが)しかし、目の前にあるiPhoneは間違いなく曲がっている。それもずいぶん曲がっている。しかも、まったく心当たりがない。その朝の通勤電車はなかなかの混雑だったので、もしかすると道中かなり強く押されたのかもしれない。

筐体はずいぶんと歪んだが、幸いにも液晶や前面のガラスは無事なようで、他の機能も問題なさそうである。とはいえ、今後どうなるかわからないし、何よりも精神衛生上よろしくない。まずは、Apple Storeのジーニアスバーの予約を取ることにした。しかし、繁盛しているらしく、マトモに予約できるのが1週間後の木曜日である。ひどい。昔よりもますます予約取りづらくなってるじゃねーか。

心を落ち着かせるために、インターネットで「iPhone 6 曲がった 修理」と検索しても、”iPhone 6 plusは曲がっても補償されるらしいよ”という発売後に世を騒がせた強度不足疑惑についてのコピペブログばっかりで参考にならない。おれは実際に曲げて修理したヤツの話が聞きたいんだよ。どちらにしろ、これだけ曲がったiPhoneをタダで交換してもらえるとは思えず、修理費用を払うにしても幾らになるのかただただ気になるばかりである。その後、ジーニアスバーの予約画面をリロードしまくり、何とかキャンセル分と思われる土曜日の枠を予約して、土曜の今日、ジーニアスバーに行ってきたので、顛末をここから書く。

ジーニアスバーといえば、意識の高いスタッフの巣窟で、はじめの自己紹介ともなれば躊躇なくファーストネームを名乗ってくるといったあまりの異文化ぷりに、苦手(大嫌い)な場所の1つではあるのが、今日担当してくれたスタッフは自意過剰なこともなく、いたってマトモだった。やったね。

一通り顛末を語り、診断機能によるチェックを終えると、スタッフからは本体交換になり、税別で31800円になると告げられた。税込みだと35000円近くじゃねーか!あまりの価格に、「3GSからiPhoneは使っているが、こんなことは初めてだ。他にも曲がった人がたくさんいるのでは?」と嘆くと、「世間で騒がれたほど強度は弱くはないが、画面が大きくなったので、力がかかると曲がりやすいかも。たまに曲げる人はいるが、あなたiPhoneの曲がり方はかなりひどいとのこと」とのこと。

あの満員電車にはこれからも毎日乗らないと行けないわけで、今日本体交換をしたところで、また曲がらないとも言い切れない。もちろん、今後はiPhoneをしまう場所を変えるとか気は遣うだろうが、あれだけ押し込まれるとどうなるかわからない。そんなことを考え、何らかの対応をしてもらうことは諦めて、当分はこのまま使うことにした。


iPhone 6 / 6 plusの発売当初は強度不足問題がネットを賑わせ、曲がってもAppleは対応してくれるらしいなんて話もあって沈静化したが、少なくても日本のApple Storeではそうでないらしい。常識的に考えれば、本体の強度が弱いとしても、メーカがそう簡単に無償交換に応じるなんてことはないだろう。ジーニアスバーの場合、スタッフの裁量によるところも大きいので、必ずしも同じ結果にならないかもしれないが、それにしたって難しい気がする。満員電車で通勤、通学する人は注意するにこしたことはない。

しかし、Appleは日本の満員電車をなめすぎだ。今までiPhoneが壊れたり、壊したりしたことがなかったので、Apple Careの加入を考えたこともなかったが、こんな脆弱な筐体だったら入ったのに。そもそも、それがわかっていたら、iPhone 6を購入しなかったが。あの薄さや軽やかさを演出するにはアルミってーのはわかるんだけどよ。怖くてしっかりとした筐体にモデルチェンジするまでもう買えねーよ、iPhone

因みに、正規プロバイダではない街の修理屋に聞いてみたら、「筐体パーツは取り寄せることはできるが、背面にリンゴマークがないし、シリアル番号の刻印もなくなる。費用もかなり高いので、本体交換をしてもらうか、金属を平らに治してくれるショップに込んだ方がいい」とのこと。リンゴマークがないってのは、偽背面部品所持で修理屋の店長が逮捕された件によるんだろうな。修理は頼まなかったけど、親切なショップだった。

[f:id:ponkotsu:20150124212734j:plain